楽しいすがP一家

アクセスカウンタ

zoom RSS あれから

<<   作成日時 : 2011/04/04 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3週間あまりが過ぎました。
仙台市内のことはあまり報道もされていないのでたいしたことない、と思われている方もいるのでは
ないかと思いますが、まだまだ避難所で過ごしている方もたくさんいます。
家が流された人、流されないにしてももう住むことが出来ないくらいに損壊した人、何万人もいます。
我が家は先週木曜日に都市ガスが復旧し、全てのライフラインが整いましたがガスが復旧したのはまだ3割程度。
鉄道の復旧もだいぶ進みましたが、我が家から徒歩5分の駅まではまだ開通していません。
バスも間引き運転。
少し良くなったとはいえ、ガソリンスタンドにも相変わらず長蛇の列。
街ごとなくなったところに比べたらたいしたことないのかもしれないのですが、それでも被害は大きいんですよ。
学校も自分のところの校舎が壊滅してしまい、新学期を始めるのにも場所がないところ、避難所になっているので
再開するにも制限があるところ、様々です。
息子が通う学校にも、隣の校舎が壊滅した学校が先生、生徒共に引っ越してくるそうです。
と言っても舜@息子は、先日無事に北海道へ脱出させ夏休みが終わるまで旭川の学校へ通うことになりました。
だいぶ落ち着いてはきたようですが、非常に大きなショックを受けており、とにかくこの戦場跡のようなところから
出さないといけない、という判断の元です。
親も一緒に行けたらいいのですが、仕事があるのでそういう訳にもいきません。
生徒の中にもショックから体調を崩している子が何人もいます。
震災とは全く関係ない、これから先も絶対にこんな震災には合わないであろう、旭川に行けるのは幸せなんだ
よなぁ〜、って思ったり。
ここから離れたくても行く場所がない人のほうが圧倒的に多いからね。
それでもやっぱり逃げる場所がある人は一時的にそこへ避難する人もいっぱいいます。
復興へ向けて、と言うにはまだまだ時期尚早な街です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あれから 楽しいすがP一家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる